下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

今回はスバルレガシィツーリングワゴンの評価についてご紹介します。

レガシィツーリングワゴンの購入を考えているけど、評価は良いのか悪いのかは非常に気になるところですよね。

どんな車にもメリット・デメリットがありますから、そこをきちんと理解した上でレガシィツーリングワゴンを購入したいもの。

ここでは、実際にレガシィツーリングワゴンに試乗された方、購入された方の口コミを載せているので参考になる部分が多いかと思いますよ。

スポンサーリンク

レガシィのツーリングワゴンの評価・評判はどう?

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

スバルレガシィツーリングワゴンの評価・評判はどうでしょうか?

ここでは、良い評価と悪い評価にわけてご紹介します。

良い評価

まずは良い評価をご紹介します。

芯があってしなやかに走ってくれます

40km/h以下は多少のゆすられ感があるものの、全般的に乗り心地良い方だと思います。

以前あったダンパーの「ボワン」としたフリクション感がなくなっているのもポイント高いですね。

CVTミッションの出来はなかなか良いですね。

圧倒的なパワーとシームレスな加速感はこれまでのレガシィにはなかったので今回一番の発見かな。

新鮮な感じがしましたね。

A型よりもハンドリングもが比較にならないくらいリニアでしっかりしてます。かなり進化したなと感じました。

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

後部座席の居住性はかなり良い。このサイズ感なら、ファミリーカーとしても問題なく使えますね

ワゴンの特性も活かされていて、使い勝手も良いので気に入ってます。

シートはレザーとアルカンターラ仕様。肌触りがよくて思わず撫でてしまいます。
このエクステリアに惚れてレガシィツーリングワゴンを選びました。

今回の型は、あまり良い評価を聞かないけど今のレガシィには相応しく、凛々しい姿じゃないかな。

どの角度から見ても惚れ惚れするカッコよさで本当に気に入ってます。

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

雨の日でもAWDは安心感があって、それだけで価値がある気がします。

アイサイトのクルーズは人をダメにしてくれますね(笑)。

これのおかげで長距離ドライブもめっちゃ楽になりました。

次車買うときも、アイサイトは必至だろうな。

収納は少なめだけど、デザインは落ち着いていて良いですね。

エアコンのスイッチがイルミネーションになっていて赤く光るのはめちゃくちゃカッコいい。

スポーティ感溢れる内装が最高ですね。

ただ、残念なのがシートに付いたホコリが取りにくい。

価格の割には内装がしょぼいという意見もあるけど、レガシィは内装よりも走りにお金をかけているんだから、そこを勘違いしてほしくないですね。

低重心だから、カーブもすごくよく曲がる

そのせいか家族からは運転が荒くなったと言われてしまいます(笑)。

足回りは若干硬いけどフワフワした乗り心地より全然いいでしょう。

狙ったラインをピタッとトレースするこの足回りじゃレガシィそのもので安心出来ます。

 

悪い評価

悪い評価も見てみましょう。

約20,000km走ったけど、高速と市街地の平均燃費は8.7km/Lでした。

高速で9km/L~12km/L程度、市街地だと6km/L~7km/L程度です。

動力性能を考えればこんなものかな。やっぱり燃費は良くないですね。

やっぱり高級志向とは無縁なインテリアにがっかり・・・。

スポーツ路線も良いけど、時代遅れなインテリアはもう少しなんとかならないのもんかね。

スバル車の中では良い方かもしれないけど、他メーカーと比べると酷すぎる。

まあ、レザーシートにしたからインテリアの質感は若干上がったけど、逆にマッチしてない気がして。

シートの座り心地はやや固めかな。腰には来ないけど、前期よりもホールド性が落ちてる気がします。

それと座面形状のせいか、走ると身体が振られます。ポジションが悪いのかな?

シートの問題なのかもしれないけど2時間以上の運転だと疲れが出ます。

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

アクセルの反応が悪い。タイムラグがあるのが凄い気になる。
価格にしてはインテリアがチープ・・・。

いい加減、内装にもお金をかけて欲しい。

時代に取り残されますよ。

やはり燃費は最悪ですね。

改善してほしい。

燃費なんて気にする車じゃないと言う人も多いけど、時代は変わっていくもの。

今は走りが楽しめて、燃費も良くないと。そうじゃないと車を楽しめないでしょ?

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

路面の凹凸をもろに拾っていて、車内の振動が酷すぎます

スポーツ走行だからそんなものかもしれないけど、とてもじゃないけど家族を乗せて出かけるのは無理。

乗り心地が悪すぎます。

一番の問題は価格。高すぎる・・・。

それと環境性能が物足りないよ。

スポンサーリンク

レガシィのツーリングワゴンの試乗レポート

ここではスバルレガシィツーリングワゴンの試乗レポートをご紹介します。

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

今回は2.5i B-SPORT EyeSight Gパッケージに試乗。

いかにも硬派なスポーツモデルっぽいけど、サスペンションを引き締めている、エンジンがパワフルというワケではないようだ。

基本的にはエントリーグレード「2.5i」のままで、GT系の乗り味を期待するとがっかりするでしょう。

とは言え、名ばかりのスポーツかというと決してそんなことはない。

高速も峠道も身のこなしも十分にスポーティ。熱い走りにができるので十分満足できるレベルだ。

もちろんGT系と乗り比べすると頼りないかもしれないけど、動力性能、シャシーの限界が高すぎないから、クルマの性能を引き出せている感は結構ある。

レガシィ以外のスバル車にも言えることだけど、最廉価グレードでも走りに関しては決して手抜きをしない。私も、試乗してみたがそれが十分わかった。

スバルあっぱれと言いたい。

引用:https://minkara.carview.co.jp/car/subaru/legacy_b4/

スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tSに試乗。

tSのサスペンションチューニングは固め過ぎないし、補強してもしなやかさがある。今回のレガシィtSでもそれは変わっていない。

今回は限界までいく走りはできなかったけど、街なかから高速道路まで、乗り心地が良かったことが印象的

ノーマルのレガシィでも乗り心地は良いけど、こっちはさらに輪をかけている感じ。

なめらかでというか雑味がないと言ったほうがしっくり来るかな。

スポーツモデルを強調するようなハードさはない。

ひとことでえば、大人の足まわりだね。

引用:https://sp.subaru.jp/legacy/touringwagon/attractive/

レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight Sパッケージに試乗。

販売での主力となる2.5LのNA搭載の進化をスポーティーグレードで試したくてついに乗ってしまいました。

見た目以上に進化しているなあ、すぐにそう思いましたね。

新世代ボクサーエンジン、新リニアトロニックを搭載たことで燃費と走行性能が向上している

全グレードに共通しているのが足まわりとAWD制御が進化していること。サスペンションの収束性も向上しているし、ボディー剛性も増していますね。

日常の快適性に比重をおいているのか、室内は広くなったしシートは大きめだから確かに居住性は高いですね。全体的にスポーティーなインテリアはレガシィツーリングワゴンにふさわしい内容だと思います。

スポンサーリンク

レガシィのツーリングワゴン評価まとめ

引用:https://221616.com/car-topics/20060619-a18978/

以上、スバルレガシィツーリングワゴンの評価についてでした。

全体的に、走りに対する評価が高い傾向にありましたね。もともと走りの評価は高いスバルレガシィツーリングワゴンですが、更に洗練された感じでしょうか。

一方、インテリアと価格に対する不満を抱く意見も多く目立ちました。

レガシィツーリングワゴンは確かに価格設定が高めな割に、インテリアは悪く言えば安っぽい感じがするのは否めませんね。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク