下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルレガシィB4とスバルレヴォーグ、新車を買うならどっちが良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか?

セダンとステーションワゴンという異なるカテゴリですが、どちらも走りに定評のある車という点は共通しています。

今回はスバルレガシィB4とスバルレヴォーグを徹底的に比較していきたいと思います。

購入をお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

レガシィvsレヴォーグの価格比較

まずはスバルレガシィB4とスバルレヴォーグの価格を見比べてみましょう。

 

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

【レガシィB4】

価格帯:302.4万~324万円

LEGACY B4:3,024,000円
LEGACY B4 Limited:3,240,000円

【レヴォーグ】

価格帯:286.2万~405万円

1.6GT EyeSight:2,862,000円
1.6GT EyeSight S-style:2,926,800円
1.6GT-S EyeSight:3,078,000円
1.6STI Sport EyeSight:3,564,000円
2.0GT-S EyeSight:3,618,000円
2.0STI Sport EyeSight:4,050,000円

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

スバルレガシィB4はグレードが2種類のみ。エントリーモデルでも300万円超えとなっています・

一方、スバルレヴォーグはエントリーモデルが300万円以下とレガシィB4よりも価格設定は低めのように見えますが、最上級グレードは400万円超えと高額。

1.6Lと2.0Lのラインナップとなっており、1.6Lモデルでも最上級グレードはスバルレガシィB4のLimitedよりも高い価格設定となっています。

価格面だけで見ればスバルレガシィB4のほうがお買い得感があるように思えますね。

単純に価格だけで比較するのは難しいので、安全装備の充実度も見比べてみましょう。

それぞれ標準装備されている安全装備は以下のとおりです。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/safety/safety2.html

【レガシィB4】

・アイサイト(ver.3)
[プリクラッシュブレーキ/後退時自動ブレーキシステム/ アクティブレーンキープ(車線中央維持/車線逸脱抑制)/AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御/全車速追従機能付クルーズコントロール/定速クルーズコントロール/車線逸脱警報/ふらつき警報/先行車発進お知らせ機能]

・アイサイトセイフティプラス
[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/アダプティブドライビングビーム/フロント&サイドビューモニター]

・リヤビューカメラ

・自動防眩ルームミラー

・オートビークルホールド

・デュアルSRSエアバッグ

・SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ

・運転席SRSニーエアバッグ

・EBD(電子制御制動力配分システム)付4センサー4チャンネルABS

・VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

・アクティブ・トルク・ベクタリング

・エマージェンシーストップシグナル

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

【レヴォーグ】

・アイサイト(ver.3)
[プリクラッシュブレーキ/後退時自動ブレーキシステム/AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御/ツーリングアシスト/全車速追従機能付クルーズコントロール/定速クルーズコントロール/車線逸脱抑制/車線逸脱警報/ふらつき警報/先行車発進お知らせ機能/アイサイトアシストモニター]

・オートビークルホールド
・デュアルSRSエアバッグ
・SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ
・運転席SRSニーエアバッグ
・VDC[ビークルダイナミクスコントロール]
・アクティブ・トルク・ベクタリング
・エマージェンシーストップシグナル

どちらもアイサイトはVer3を搭載しており、装備の充実度も似ていますが大きく異なる点はアイサイトセイフティプラスの有無ですね。

スバルレガシィB4ではアイサイトセイフティプラスを標準装備しているのに対し、レヴォーグでは1.6Lと2.0Lそれぞれの最上級グレードにのみ標準装備となっています。

安全装備の充実度も考えると、スバルレガシィB4のほうがお買い得感があるといえるのではないでしょうか?

レガシィvsレヴォーグの大きさ比較

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

次に大きさを比較してみましょう。

外寸サイズ

まずは外寸サイズの比較です。

【レガシィB4】

・全長×全幅×全高
4800mm×1840mm×1500mm

・ホイールベース
2750mm

・最小回転半径
5.6m

【レヴォーグ】

・全長×全幅×全高
4690mm×1780mm×1490-1500mm

・ホイールベース
2650mm

・最小回転半径
5.4-5.5m

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

スバルレガシィB4は6代目になってボディサイズがかなり大きくなりましたが、こうして比較してみるとレヴォーグよりも一回り大きいのがわかりますね

ホイールベースと最小回転半径もスバルレガシィB4のほうが上となっています。

取り回しの良さはレヴォーグのほうが上でしょう。

室内サイズ

次に室内サイズの比較です。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

【レガシィB4】

・室内長×室内幅×室内高
2030mm×1545mm×1220mm

【レヴォーグ】

・室内長×室内幅×室内高
2005 mm×1490mm×1205mm

ボディサイズに続いて室内サイズも全体的にスバルレガシィB4のほうが大きい造りとなっています。

荷室サイズ

最後に荷室サイズです

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

【レガシィB4】

・荷室長×荷室幅×荷室高
1070-1930mm×1570mm×不明

・荷室容量
525L

【レヴォーグ】

・荷室長×荷室幅×荷室高
1070-1632mm×1080-1350mm×770mm

・荷室容量
522L

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/design/exterior.html

おそらく、その見た目から荷室サイズ・容量はレヴォーグのほうが上と思った方も多いでしょう。

しかし、実際に比較する限りレガシィB4はワゴンにも匹敵する荷室スペースを確保しています。ゴルフバッグは4つ積載可能です。

しかも荷室ははリヤシートを分割して倒すことで拡張もでき、荷室長は約2mにもなります。長尺物を積むこともできます。

ただ、スバルレヴォーグは荷室開口部とフロアの段差がほとんど無いので、荷物の積み下ろしがしやすいのが特徴。
やはりワゴンであるレヴォーグのほうが荷室の使い勝手は良いのかなと思います。

レガシィvsレヴォーグの燃費の違いと特徴

最後に、燃費性能を比較してみましょう

【レガシィB4】

14.8km/L

【レヴォーグ】

13.2~16.0km/L

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

スバルレヴォーグのほうが燃費は上です。

上記はあくまでも、カタログ燃費なので実燃費はもう少し下がります。しかし、それでもレヴォーグのほうが燃費性能は勝でしょう

ただ、レガシィB4も燃費は負けていません。レヴォーグよりもプラス0.5Lとなる2.5Lエンジン搭載で、余裕を持った走りができることから、無駄に燃料を消費せずに済みます。

走り方次第では、レガシィB4のほうは燃費は良くなるかもしれませんね。

レガシィvsレヴォーグではどっちがいい?検証

以上、スバルレガシィB4とスバルレヴォーグの比較についてでした。

セダンとワゴンという異なるクラスでの比較は、単純にどっちが上と決めるのは難しいところです。

スバルレガシィB4は低重心でボディ剛性が高く走行の安定性が高いです。また、内装が上質で乗り心地に長けています。

加えて安全装備も充実しており、レヴォーグよりも安全性は高いでしょう。

その反面、海外を視野に入れた車であるためボディサイズが大きいのがネックです。その上、後部座席の居住性は決してよくありませんので、ファミリーカーとしてではなく走りや乗り心地を重視したい方向けと言えますね。

一方、スバルレヴォーグはワゴンとしての使い勝手、運転が楽しめるのが特徴的な車です。

荷室は使い勝手がよく、たくさん積み込むことができるのでアウトドアでも活躍するでしょう。ファミリーカーとしての使い勝手も良いです。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク