下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルの車といえば、レガシィとインプレッサの二つが有名です。車にあまり興味がないという人でも、この2車種の名は聞いたことがあるでしょう。

では、どちらを選ぶべきなのか、今回は価格や燃費やサイズなど、基準となる項目を何個か選び、レガシィとインプレッサをいろんな面から比較してみました!

スポンサーリンク

レガシィvsインプレッサ価格比較!

 

レガシィとインプレッサどちらが安いのでしょうか。ここでは同じセダンタイプのレガシィB4と、インプレッサG4で比較しましょう。

レガシィB4の価格:3,023,000円

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4の価格:1,944,000円

引用:https://www.subaru.jp/

価格差:1,079,000円

となります。インプレッサのほうが100万円以上安いです。

フラッグシップ(看板商品)の位置づけとなるレガシィB4は、高めの値段設定となっています。インプレッサはレガシィの下位ブランドとなっています。様々なバリエーションがあります。

ここまで値段が違うと、レガシィB4との比較対象として、インプレッサは相応しいのかと疑問を持つ方もいるでしょう。インプレッサは最上級グレードでも2,397,600円ですから、そう思うのも無理ない話です。

しかし、装備などの特徴を見ていくと、案外ピッタシだと分かります。

 

最新安全性設備などは両者に装備されていますし、レガシィB4だけ特別に備え付けられている最新鋭の設備といったものはありません。

価格帯を考慮すれば

「これくらいは当然だろう」

という装備です。

違うのはインプレッサに比べて基本装備がグレードアップとなっているくらいです。

こうしてみると価格面では、レガシィにいいとこがないようですが、レガシィも高いように見えて、四輪駆動フルボディタイプとしてはバーゲンプライスです。

インプレッサは2WDです。Eyesight(ver.3)はもちろんのこと、シートポジションメモリー、左右独立調整可能なエアコン、後部座席のエアコン吹き出し口など、高級スポーツセダンとして必要なものはすべて装備しています。

 

しかし、やっぱしインプレッサは安いですね。

全車速追従機能付きのクルーズ機能までついてこの価格はインプレッサくらいなものです。

ちなみに価格はこんなに違えど、任意保険料は同額のようです。

スポンサーリンク

レガシィvsインプレッサの大きさ比較

両者の大きさはどうなのでしょう。任意保険料が変わらないことから、ボディサイズがあまり変わらないのではと思いがちです。

・レガシィB4

全長:4,800mm 全幅:1,840mm 全高;1,500mm

引用:https://www.subaru.jp/

・インプレッサG4

全長:4,625mm 全幅:1,725mm 全高:1,455mm

引用:https://www.subaru.jp/

全長は175mm、全幅は115mm、全高は45mmレガシィB4の方がインプレッサG4よりも大きいです。

皆さんはっ子の数字どう思いますか?僕は全長で17.5cmしか変わらないってのは、大した差じゃないなと思いました。

思ってたより、差が少なかったです。

 

全体的なサイズのバランス感も似ていますよね。

インプレッサをそのまま大きくしたようなサイズ感と言えるでしょう。

インプレッサもレガシィも過去に、北米市場向けに作られたために、サイズが大きくなったことがあります。

一度大柄になったレガシィですが、現行モデルは実にスポーティでハンサムなセダンとなっています。

 

一方インプレッサも先代のイメージを残していますが、角がとれて流線的になり、未来的で都会的となりました。

サイズの違いをどうとらえるかでしょう。保険料は同額ですので、あまり気にすることないかもしれないですね。

スポンサーリンク

レガシィvsインプレッサの燃費の違いと特徴

ボディサイズはインプレッサより大きいレガシィですが、燃費の違いはどうなるのでしょう。

レガシィB4  14.8km/l

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4  16.8km/l

引用:https://www.subaru.jp/

になります。やはりインプレッサのほうが燃費いいですね。

しかし、レガシィも2,500ccエンジンを積む1,500kg級のセダンであり、14.8km/lを達成できるというのは実に驚異的な事なのです。

その証拠にトヨタマークXは、4WDモデルの燃費は10.6km/lと、レガシィに遠く及びません。

 

まあしかし、インプレッサと比較すると、単純な燃費では、インプレッサに軍配があがります。

エンジンスペックが異なるため完全な比較はできませんが、燃費を気にする人はインプレッサの方がよさそうです。

 

しかしトヨタのプリウスなどと比べるとインプレッサも燃費の面ではいいとは言えません。

そもそもレガシィもインプレッサも低燃費を追及している車ではありません。

オーナーの口コミでも、燃費については気にしていないという意見が多いです。

燃費を最重要だと考える方は、レガシィもインプレッサも向いていないのかもしれません。

ちなみに、燃料タンクの容量はインプレッサG4が55リットル、レガシィB4が60リットルとなります。

レガシィvsインプレッサはどっちがいい?検証

引用:https://www.subaru.jp/

ここまでレガシィとインプレッサを比較してきました。価格は安い、大きさも幾分小さいがほぼ変わらない、燃費もいいとなってくると、最近のエコカーブームで燃費が良く小回りが利く車が求められる時代には、、インプレッサのほうが断然優れているように思えます。

しかし、車を選ぶうえでは、他にも考慮する点はたくさんあります。レガシィの方が、性能面では優れているのです。

 

レガシィの優れている性能面をちょっと挙げてみました。

荷室が広く荷物をたくさん運べる

全長がレガシィのほうが長いため当然ではありますが、趣味や仕事で大きな荷物を積みたいという方にはレガシィでしょう。

 

・車内が広い

荷室だけでなく、座席や運転席など全体が広いです。このタイプのセダンでは最も広いといっても過言ではありません。

 

・ターボモデルがある

レガシィのターボは、異次元と評されるほどです。

ここまで早いターボモデルは日本ではなかなかみかけません。

 

・静か

遮音がしっかりしています。

クラウンなどの無音状態ではないですが、どんなにスピード出そうと車内は静かです。

今どれくらいスピード出ているかわからなくなるほどです。

 

・乗り心地がいい

上質な乗り心地と言えばレガシィです。

インプレッサは軽快な感じです。

長距離ドライブならレガシィ、街中運転ならインプレッサとすみわけが出来ます。

引用:https://www.subaru.jp/

・高級感がある

まあ値段高いですしね。

タイヤやサスペンションなど個々のパーツもレガシィの方が高いパーツを使用しています。

 

・見栄をはれる

車なに乗ってんの?と聞かれた時に、レガシィと答えれば、相手はちょっとは驚くでしょう。

その快感に浸りたいならレガシィです。

 

とまあ、レガシィにはレガシィの長所があります

人間と同じく車にも一長一短あります。

一概にインプレッサとどちらがいいとは言えません。

簡単な基準としては、車に多くを求めない人、単なる交通手段として考えている人は、インプレッサがおススメかもしれません。

通勤や買い物の際に利用するには、コストパフォーマンスがいいです。

引用:https://www.subaru.jp/

逆にレガシィがおススメなのは、車を趣味として考え、カスタマイズしたり色々こだわりをもって乗りたい人ですかね。

値段はインプレッサより割高だし燃費も悪いですが、乗った時の楽しさなど味わい方は奥深いでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/

どちらを選ぶにしろ、両方素晴らしい車ですので、大切に乗ってあげてください。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク