下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバル・レガシィはゆとりを感じることができる広さがありますが、後部座席の使い勝手や広さにはどういった特徴があるのでしょうか。

歴代モデルでは荷室の広さが魅力でしたが、現行モデルもその長所を受け継いでいるのでしょうか。

 

そして、スバル・レガシィはレジャーで活躍するクルマだとも言われていますが、車中泊に適しているのかが気になります。

今回は、スバル・レガシィの後部座席と荷室は、車中泊ができるスペックなのかを検証し、実際に車中泊をしたユーザーの口コミも調査しました。

 

スポンサーリンク

スバル・レガシィの後部座席紹介

引用:https://www.subaru.jp/

 

まずはレガシィB4とレガシィアウトバックの後部座席の性能やサイズ感についてご紹介します。

 

レガシィB4の後部座席

引用:https://www.subaru.jp/

 

まずレガシィB4のシートは、ファブリック素材と本革シート素材を選択できます。

ファブリック素材は通気性や耐久性にメリットがあり、本革シートは上質な高級感を楽しむことができます。

 

そして内装色はアイボリーとブラックの2色展開です。

他のセダン車に比べると、バリエーションが少ない印象ですが、どちらにおいても上質さが感じられ、開発時に厳選された様子が伝わります。

 

レガシィB4は高級感あふれる室内空間ですが、後部座席はシートの質感や色もさることながら、広さと機能性を両立した仕上がりになっています。

車内でゆとりを感じるためには幅が重要になってきます。

 

レガシィB4の内寸は、室内長2030mm×室内幅1545mm×室内高1220mmとなっていますが、室内幅は後部座席に大人が並んで座っても、しっかりゆとりを感じられる作りとなっています。

チャイルドシートも余裕で搭載することが可能です。

 

また、レガシィB4の後部座席について特筆すべきポイントは、足元の広さです。

スペースを無駄にしない設計で、シートだけではなく足元からくつろぐことができるので、ロングドライブにおいても疲れることは、少ないでしょう。

 

このように、レガシィB4の後部座席は、圧迫感を感じることはない上質な空間となっています。

 

レガシィアウトバックの後部座席

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィアウトバックのインテリアのデザインやシート素材・内装色は、レガシィB4とほぼ変わりません。

レガシィB4はセダン車ならではの高級感をまとっていますが、違うボディタイプのクルマで、その高級感を味わうことが出来るのは嬉しいポイントです。

 

レガシィアウトバックと競合するクルマを見ていくと、機能性が重視される傾向になりますが、レガシィアウトバックは機能性に上質さがプラスされ、非常に質感の高い雰囲気を持っています。

そんなレガシィアウトバックの内寸は、室内長2030mm×室内幅1545mm×室内高1240mmとなっています。

 

室内長・室内幅に関しては、レガシィB4と変わりません。

レガシィB4と同じようなゆとりある後部座席の空間を、レガシィアウトバックでも味わうことが出来ます。

 

ただ、レガシィアウトバックは、機能性や収納性がより優れていて、レガシィB4より多彩なシートアレンジが可能な点も魅力です。

後部座席のシートの後ろは仕切りがなく荷室につながっているので、リクライニングの自由度も高いです。

 

シートの座り心地も素晴らしく、このクラスのクルマとしては、最高レベルで後部座席の快適性を持っていると言って良いでしょう。

 

スポンサーリンク

スバル・レガシィの荷室容量の広さ情報

引用:https://www.subaru.jp/

 

続いて、レガシィB4・レガシィアウトバックが持つ荷室容量のスペックをご紹介します。

 

レガシィB4の荷室容量

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィは歴代モデルも広い荷室容量が特徴でしたが、レガシィB4もセダンとは思えないほどの広さです。
荷室容量は、525Lというミニバンに匹敵するサイズ感です。

 

セダンは室内空間と荷室が分離されるケースが多いのですが、そのデメリットがある状況においても、車幅を限界まで使用した荷室幅の確保や設計においてこのように広大な荷室を確保しています。

このサイズ感であれば、ゴルフバッグを4つ載せることも可能です。

 

さらにレガシィB4には荷室の下に床下ボックスも完備されていますが、そちらも18Lの容量を確保していて、小物や工具を置くには十分な広さです。

荷物汚れなども気にすることなく積むことができるのは嬉しいポイントです。

 

開口部も広いので、荷物の積み下ろしが非常に便利な形状です。

そして、使い勝手をさらに工夫できるように、荷室に関するオプション品も充実しています。

 

とてもセダンとは思えない荷室空間の使い勝手は素晴らしいです。

都会的な見た目ですが、アウトドアなどのレジャーにも活躍してくれることでしょう。

 

レガシィアウトバックの荷室容量

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4も驚きのサイズ感でしたが、レガシィアウトバックの荷室は、驚くような広い空間となっています。

レガシィアウトバックが持つ荷室容量は、このクラスのクルマとしては最高レベルの559Lです。

 

機能性に特化しているだけあって、大容量なだけでなく、隅々まで効率よく設計されている印象です。

一切の無駄がないので、空間を最大限に活用することが出来ます。

 

レガシィアウトバックは、より多彩なシートアレンジが可能なので可倒式リヤシートをアレンジすれば、長さのある荷物も楽に収納することが出来ます。

フラットな高さが確保されている点も、ユーザーからは高評価です。

 

開口部の横幅は1175mmで、高さも824mmあります。

機能性の高いフックも使い勝手の良い位置に配置されているので、重宝することでしょう。

そして床下収納は、レガシィB4の倍以上に広い47Lです。

 

レガシィアウトバックでは、荷物などで手がふさがっている時や少し離れた場所からでも、電動で開閉できるパワーリヤゲートが採用されています。

開口部も広く、荷物の積み下ろしにとても便利です。

 

レガシィアウトバックはレジャーで大活躍できるように開発されていますが、荷室の使い勝手を見るだけでもそのスペックの高さを痛感します。

 

スポンサーリンク

スバル・レガシィの車中泊できる?情報

引用:https://www.subaru.jp/

 

後部座席と荷室の広さをご紹介しましたが、スバル・レガシィでは車中泊は可能なのでしょうか。

 

車中泊とは

引用:https://www.subaru.jp/

 

車中泊は、文字通り車内で宿泊をすることを意味します。

車中泊を行う場所に関しては、インフラが整備されているサービスエリアや道の駅が一般的ではありますが、車中泊にもメリットとデメリットがあります。

 

車中泊は時間が制約されることがほぼないので、自由度が高くホテルへの宿泊費も削減することができるメリットがあります。

しかし、クルマによっては大人数で寝るのが難しかったり、エンジンをかけることが出来ないため、暑さ・寒さ対策をしておかないといけないというデメリットもあります。

 

エンジンをかけたまま車中泊をするのは危険です。

就寝時にアクセルを吹かすなどの誤操作を行ってしまったり、冬場に積雪が多い地域であれば、マフラーが塞がれ最悪の場合一酸化炭素中毒に陥るリスクもあります。

 

ただし、しっかりマナーを守れば快適に車中泊を行うことが出来ます。

車中泊に向いているクルマは、ミニバンやSUV車のようなボディタイプが挙げられますが、スバル・レガシィは車中泊に適したクルマなのでしょうか。

 

スバル・レガシィの広さで車中泊できる?

引用:https://www.subaru.jp/

 

スバル・レガシィは、レガシィB4・レガシィアウトバックの両方とも車中泊をすることは可能です。

車中泊をするにはフラットな空間づくりが必要です。

完全なフラット状態でないにしても、レガシィB4で寝ることは十分に可能だと言えるでしょう

 

しかしより車中泊に適しているのは、レガシィアウトバックの方でしょう。

シートアレンジをすることによって、荷室と室内空間を一体化することが出来ます。

そのためレガシィB4より広い室内空間が出来上がります。

 

フラットな空間づくりもマットなどを活用することで、快適になりますので、レガシィアウトバックは車中泊に適したクルマだと言えるでしょう。

 

スバル・レガシィの車中泊口コミ情報

引用:https://www.subaru.jp/

 

スバル・レガシィで車中泊をしたユーザーによると、レガシィB4とレガシィアウトバックどちらにおいても、必需品があるとのことです。

 

車中泊をするためには、布団代わりとなるマットが欠かせません。

そのため車中泊用のマットを用意しておきましょう。

スバル・レガシィ専用の車中泊用マットもありますが、購入する際に注意したいのが、車内の隙間や凸凹を埋められるようなものであるかどうかです。

 

またベッドマット以外にも、食料用の保冷・保温ボックスや、暑さ・寒さへの対策グッズを持っておくと、より快適な車中泊を手に入れることができます。

 

車の中はエンジンを切ることによって、快適性が下がります。

日中と夜間では気温が大きく変わるので、万全の対策をして車中泊を楽しみましょう。

 

スバル・レガシィの後部座席・荷室についてまとめ

引用:https://www.subaru.jp/

 

今回は、スバル・レガシィの後部座席や荷室の広さは、車中泊ができるスペックなのかを検証し、実際に車中泊をしたユーザーの口コミを調査しました。

 

後部座席も荷室も広さが確保されていますので、スバル・レガシィで車中泊をすることは可能です。

そして必需品を携行することによってさらに快適に過ごすことができるようです。

安心で快適な車中泊を楽しめるのも、スバル・レガシィの魅力です。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク