下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルを代表するセダン、それがレガシィB4です。

レガシィB4を購入したら色々とカスタムしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

車をカスタムする上で抑えておきたいのがアクセサリー電源です。

電装品を使用する場合は、このアクセサリー電源が必要になってきますので使い方についてきちと理解しておきましょう。

今回はレガシィB4のアクセサリーと電源情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

レガシィのアクセサリー電源情報

アクセサリー電源とは簡単に言えば車内で使う電源のことです。

ここでいうアクセサリーは装飾品という意味ではなく、付属品という意味になります。

カーナビ、ETC、ドライブレコーダー装置など車内で電気を使うことは多いですよね。

これらの装備や装置を使用するためには電源が必要となり、アクセサリー電源を使用することになるのです。

 

車には常時電源やイルミネーション電源もあります。

常時電源は文字通り電気を流し続けているもの、イルミネーション電源は車のライトと連動しておりオーディオなど夜間の照明などに使用されます。

引用:https://www.diylabo.jp/column/column-526.html

レガシィB4のアクセサリー電源は、スタートボタンを一回押すだけでスイッチオンになります。

そのためナビやドライブレコーダーとの相性はバッチリ。

常時電源だと常に電源が入っている状態ですからバッテリーがすぐにダメになってしまう恐れがありますし、ナビをちょっとだけ操作したい時にわざわざエンジン稼働させないといけないのは面倒ですよね。

そういったときのためにもアクセサリー電源が重宝するのです。

アクセサリー電源の取り方

なんとなくアクセサリー電源について理解できたかと思いますが、ではどうすれば使えるのか?ということになりますね。

アクセサリー電源のとり方は次の3つの方法があります。

 

1.ヒューズボックス

最も有名で簡単なアクセサリー電源のとり方がヒューズボックスでしょう。

初心者の方にもおすすめできる方法です。

 

2.オーディオ裏

ヒューズボックスの次にアクセサリー電源のとり方として用いられる方法。

ただ、オーディオ周辺は複雑な造りになっているので初心者の方にはおすすめできません。

またアクセサリー電源の他に、常時電源が繋げられる配線もあるのできちんと配線を理解している必要があります。

 

3.アクセサリーソケット

アクセサリーソケットの裏に太めの配線がありますが、この配線はバッテリーやエンジンに影響を与えるものなので素人は絶対に手出ししてはいけません。

アクセサリーソケットから電源を取るには写真のような器具を使うのがお手軽です。

スポンサーリンク

ヒューズボックスを使ったアクセサリー電源のとり方

引用:https://www.diylabo.jp/column/column-526.html

ではヒューズボックスを使ったアクセサリー電源の取り方を解説していきます。

1.ヒューズボックスの取り出し

ヒューズボックスはたいてい運転席側の膝下周辺にあります。

レガシィB4の場合は運転席の収納ポケットにヒューズボックスが設けられています。

すると、このようにヒューズがでてきます。

 

2.ACC電源のヒューズを見つける

さて、ヒューズならどれでもOKというわけではありませんので注意してください。

いくつもあるヒューズの中にACC電源として使用できるなるヒューズが1つだけあります。

常時電源のヒューズもありますので間違えないように。

どれがACC電源なのか見つけるに「検電テスター」がおすすめですよ。

検電テスターを使えば電気が流れているところに反応します。

引用:https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

見つける場合は、スタートボタンを押してアクセサリー電源がONの状態にします。

そうすればテスターが反応しますので、その後、エンジンを切ってテスターの反応が消えたヒューズがアクセサリー電源というわけです。

常時電源のヒューズの場合、エンジンを指導させなくてもつねに流れているので検電テスターの反応が変わることはありません。

 

3.ヒューズを引き抜く

アクセサリー電源のヒューズを引き抜きましょう。

ヒューズには番号が記載されているので、それが電流のアンペアとなります。

 

4.ヒューズ電源の用意

ヒューズ電源にはいくつか種類があるので必ず形状が同じもの、アンペアが同じものを用意してください

レガシィのヒューズ形状は「低背」と呼ばれるものですので間違えないように注意してください。

スポンサーリンク

レガシィのアクセサリーおすすめ

ここではエクステリアやインテリアの意味として使われるアクセサリーのおすすめをご紹介します。

数あるアクセサリーの中から選りすぐりのものだけを紹介しますね。

エクステリアおすすめアクセサリー

まずはエクステリアのおすすめアクセサリーです。

【ボディサイドモールディング】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/exterior/

価格:22680円

 

レガシィB4のエクステリアに合わせてシンプルでシャープなデザインが、セダンの持つ良さを一層引き立ててくれます。

エクステリアにさり気ないアクセントを取り入れたい方にぜひ。

【フロントバンパースカート】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/catalog/pdf/legacy_acc-navi-audio.pdf

価格:59400円

フロントフェイスの輪郭をくっきりとさせ、丸みを帯びたレガシィB4に立体感が生まれ引き締まったフロントフェイスへ変えてくれます。

フロントフェイスは車全体の印象を決める部分ですから、大人かっこいいセダンにしたいなら欠かせないアクセサリーでしょう。

【フロントグリル】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/catalog/pdf/legacy_acc-navi-audio.pdf

価格:41580円

こちらもフロントフェイスのアクセサリーです。

スバル車おなじみのヘキサゴングリルにメッシュを加え、スポーティさを演出してくれます。

スバルマークが際立ち、よりカッコいいフロントフェイスに仕立ててくれますね。

グラデーションのような立体感もあって全く別の車にも見えてきます。

フロントフェイスをカスタムすると、スバルレガシィB4の印象はガラリと変わりますね。

インテリアおすすめアクセサリー

つづいてインテリアのおすすめアクセサリーをご紹介します

【コンソールパネルセット】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

価格:37800円

シルバーメッキとピアノ調を組み合わせたコンソールパネルセット。

他のインテリアもこの組み合わせになっているので、インテリアに統一感をもたせたいなら欠かせないアクセサリーでしょう。

 

【インパネ&ドアパネルセット】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

価格:56160円

 

【インナードアパネル】

引用:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/interior/

価格:44280円

ブラックアイボリーの2色のラインナップ。レガシィB4の内装色に合わせてコーディネートできます。

ブラックでインテリアをシックに仕上げるも良し、アイボリーで高級感を演出するのも良し。

以上、レガシィB4のおすすめアクセサリーでした。

アクセサリーは車の印象や質感をガラリと変えてくれるもの。

ぜひ、自分好みにカスタムしてみてはどうでしょうか。

【スバル・レガシィ】アクセサリーの口コミは?

様々なアクセサリーが用意されているスバルレガシィB4ですが、実際に使用されている方たちの口コミをご紹介します。

フロントグリルを交換しましたが、まさかグリルを変えるだけでこんなにも印象が変わるとは思っていませんでした。

高級感とスポーティさがあって、前にもましてかっこよくなりました。

レガシィB4はアクセサリーが豊富なので、迷います。

色々迷ってしまい、未だにどれにしようか決められていません。

値段もそんなに高くないところがまた良いんですよね。

インテリアに高級感を出したくてパネルセットを買っちゃいました。

やっぱり、思っていたとおりで統一感も出て良い感じです。

ブラックのアルミホイールを装着しました。

レガシィB4の足元が引き締まり、走れる高級セダンって感じで気に入ってます。

 

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク