下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルレガシィB4の維持費はいくらぐらいかかるのでしょうか?

せっかく新車を購入しても、維持費が高くて手放すことに・・・なんてことは避けたいですよね。

そうならないためにも、購入後もきちんと維持費を払っていけるのか、具体的にいくらぐらいの維持費がかかるのか知っておくことが大切です。

また、レガシィB4を購入する際はどのようなローンを組んで支払っていくのかも気になるところ。

今回は、スバルレガシィB4の維持費とローン支払い方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

レガシィのローン支払い方法

スバルレガシィB4を購入するとなるとローンの支払い方法が気になりますね。

車を購入する際に利用するローンは大きく分けて2種類。

  • マイカーローン
  • ディーラーローン(残価設定、フルローン)

マイカーローンとは、銀行や信用金庫など民間の金融機関が運営するローンのことです。

金融機関からお金を借りて、販売会社に現金一括で支払い、借りた金融機関に対し分割で返済していきます。

マイカーローンでは車を担保に出さずに購入できるのでレガシィB4の名義は購入者となります。

ただし、担保不要な分審査はやや厳し目です。

先述したとおり、マイカーローンは担保不要で新車を購入できなおかつ名義は自分自身にありますので、レガシィB4を自分のものにしたいならマイカーローンで購入するのが良いでしょう。

マイカーローンでも、銀行や信用金庫によって金利が違ってきますので、いくつか比較して決めると良いでしょう。

また金利タイプは固定変動がありますが、基本的に変動金利のほうが低金利で借りられます。

変動金利は金利変動のリスクがあると言われていますが、マイカーローンのように短期間で返済する場合は、リスクは小さいのであまり気にする必要はありません。

【残価設定ローン】

残価設定ローンは、スバルクレジットなどメーカー系列の信販会社が提供していることが多いです。

ディーラーローンで購入する場合、レガシィB4の所有者は販売会社にあります。

購入資金を借りる代わりに車両を担保するため、完済するまでは自分のものになりません。

残価設定ローンとは簡単に説明すると、3年や5年といったように決められた期間だけ車を所有するローンです

契約期間だけと聞くと借りているみたいに思えますが、支払い期間が満了する3年後や5年後に全額支払えば、車は晴れて自分の所有物にすることも可能です。

また、他の新しい車に乗り換えるときは、契約期間が満了する3年後や5年後に下取りに出して、ローンの残額を気にすることなく買い替えすることもできます。

3年~5年など比較的短い期間で乗り換を考えている方に最適なローンと言えます

残価設定ローンの他にディーラーローンには「フルローン」があります。

こちらは代金全額を借りるローンです。

スポンサーリンク

レガシィの残価設定情報

スバルレガシィB4を購入される方の多くは残価設定ローンを利用されています。

残価設定ローンにはメリットもあればデメリットもあります。

ここでは残価設定ローンのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンのメリットは次の6つです。

・毎月の支払額が安い

・頭金不要、ボーナス支払いなしでも新車を購入可能

・3年、5年スパンで新車へ乗り換えできる

・契約満了時には予め設定した残価が保証されている

・マイカーローンよりも低金利になることがある

・車検費用を浮かせることができる

 

銀行や信用金庫などのマイカーローンよりも、低金利で毎月の支払い額が少ないのはユーザーにとって大きなメリットと言えるでしょう。

頭金も不要なので、手元に現金がないという人にとってもメリットになりますね。

また、新車購入から3年後にはじめての車検となりますが、残価設定ローンは3年スパンで契約も可能ですから、車検時期が近づいたら別の新車に乗り換えてしまえば車検費用を浮かせることもできます。

とにかく新車が好きな人には大きなメリットではないでしょうか。

残価設定ローンのデメリット

残価設定ローンのデメリットは次の5つです。

・走行距離に制限がある

・傷や汚れなどでマイナス査定になることがある

・カスタマイズできない(した場合はもとに戻る必要がある)

・返済中は自分の所有物にならない

・セットになっている任意保険を変更できないこともある

 

中古車査定では走行距離が長かったり、年式が古い、傷や汚れがあるとマイナス査定になります。

もし残価が低くなると、当初設定していた残価との間に開きが出てしまい、その分を実費で請求されてしまいます

また、残価設定ローンは自動車保険がセットになっていることがあり契約すればキャッシュバックや金利優遇などを受けられるタイプのものもあります。

しかし、契約するとローンの支払い中は自動車保険を切り替えできませんので注意してください。

残価設定ローンは、新車に乗るのが好きな人、短期間で乗り換を考えている人、大切に車に乗ることができる人に向いているローンです。

車検が来る前に乗り換えもできるので、車検費用を払いたくない人にも向いていますね。

スポンサーリンク

レガシィの維持費はどれ位

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

スバル・レガシィB4の年間維持費はどれぐらいになるのでしょうか?

年間の維持費を計算してみましたのでご紹介します。

・自動車税:45,000円
総排気量2L超2.5リットル以下

・自動車重量税:7,500円/年
エコカー該当車種のため25%軽減
22,500÷3=7,500円

・自賠責保険料:13040円
新車購入時は3年分39,120円
4年目以降は13,920円/年

・車検費用 20,900円
平均額は40,000円
1800円は検査手数料

・任意保険:5~6万円
平均額を算出

・ガソリン代:137,254円
実燃費10.2km/L
年間10,000km走行
レギュラーガソリン140円/L

・駐車場代:96,000円 12ヶ月
全国平均8000円×12ヶ月

合計:379,694円

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

スバル・レガシィB4セダンは総排気量が2L超2.5リットル以下なので自動車税は年間で45,000円かかります。

自動車税は毎年4月1日時点の車の保有者(車検証に登録されている使用者)が必ず支払わなければいけません。

自動車重量税は新車登録時から3年分を購入時に支払います。それ以降は2年ごとに支払います。

年間で38万円近くもかかると考えると、スバルレガシィB4を維持するのも楽ではないですね。

レガシィはいくらで買える

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

スバルレガシィB4は、月々いくらの支払で買えるのかシミュレーションしてみましょう。

なお、レガシィB4のローンシュミレーションは「スバルファイナンス株式会社」のホームページにてできますので、ぜひ試してみてください。

【LEGACY B4 Limited】

車両本体価格:3,272,400円
カラー:クリムゾンレッド/32,400円
メーカーオプション:サンルーフ/108,000円
ディーラーオプション:ベースキット/154,980円
別途支払い諸費用:221,010円
(税金保険料:162,480円、登録諸費用:45,740円、リサイクル費用:12,790円)

クレジットプラン:残価設定型
支払い回数:34回
クレジット所要資金:3,130,000円
残価額:1,658,000円
頭金:626,390円
実質年率:3.9%
初回支払い額 :52,537円
2回目以降支払い額:52,500円×32回
最終回支払い額(残価額):1,658,000円
クレジット支払い総額 :3,390,537円

シュミレーションした結果、以上のようになりました。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク