下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

レガシィは、レガシィB4・レガシィアウトバック共に大きなサイズ感が特徴ですが、運転のしやすさはどうなのでしょうか。
そして、スバルといえばアイサイトという安全技術がありますが、レガシィの安全性も気になるところです。

 

そして、自動ブレーキシステムや横滑り防止機能は、どういった特徴を持っているのでしょうか。
今回は、レガシィB4の運転のしやすさや安全性、自動ブレーキや横滑り防止機能といった安全装備についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

レガシィB4の運転しやすい?運転しにくい?

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4は、男性ユーザーが多い傾向にありますが、女性にも運転しやすいクルマに仕上がっています。
サイズ感は迫力を感じさせる大きさですが、運転しやすいデザインというコンセプトのもとに設計されています。

 

フロントガラスは大きく見やすい形で、ボンネットの先端まで無理なく見える設計がされています。
フロントピラーやサイドミラーの設計も見やすさが意識されているので、斜め横においても死角が少ないのが特徴です。
バックの際でも、後方の死角が少ないために安全確認を十分に取ることができます。

 

こうした視認性の高さから、サイズが大きいにも関わらず車幅感覚を掴むまでに、そう時間はかかりません。
狭い路地や駐車場においても、苦労することは少ないでしょう。

 

そして走りに特化したレガシィB4だけあって、走行時のレスポンスは素晴らしいものがあります。
車内は静粛性に優れているので快適性も高く、クルマと一体になって動いている雰囲気を味わうことができます。

 

ボディタイプの特性から、レガシィB4とレガシィアウトバックでは、特徴を発揮する走行シーンは違いますが、全体的に高いパフォーマンスで非常に運転しやすいクルマです。

実際にレガシィを購入したユーザーも、高い操作性と走行性能は運転しやすいものに仕上がっていると、大満足です。

 

スポンサーリンク

レガシィB4の安全性はどう?

引用:https://www.subaru.jp/

 

続いてはレガシィB4の安全性に関わる設計と、安全装備についてご紹介します。

 

安全性を高めるボディ剛性

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4は、歴代モデルから安定感と心地良さに満ちた高次元の走りが特徴です。
その走りを支えるのは、クルマの基礎となるシャシーとボディです。

 

家と同じでクルマも基礎がしっかりしていないと、全ての機能に悪影響を及ぼします。

レガシィB4は、シャシーとボディを高剛性化かつ最適化することによって、直進時には抜群の安定性を持ち、ロールや突き上げを抑えたしなやかな乗り心地を確保しています。

 

さらに、ドライバーの動きに忠実に連動するハンドリング性能も実現しました。
このような安定感抜群のシャシーとボディを開発したことによって、全ての基本性能が向上しています。
そして基本性能の向上は、安全性能の向上にもつながっています。

 

レガシィB4は、高剛性化によって万が一の衝突時においても、圧倒的な危険回避性能を持っています。

衝突によるキャビンの変形防止を目指した

「新環状力骨構造ボディ」

をベースに、衝突安全性能も非常に高くなっています。

 

高張力鋼板を採用したことで、軽量化と強度のアップに成功し、衝突シーンを想定して、適切な場所に適切な強度を持たせることで、さまざまな方向からの衝突に対応しています。

 

レガシィB4の安全性に配慮された設計

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4は、運転席においても、運転に集中しやすいコックピットの設計を追求しています。

ディスプレイは、少ない視線移動で確認することができ、ステアリングスイッチにより手を放すことなく各操作が可能担っています。

 

直感的に操作できるダイヤルやスイッチ、握りやすいステアリングホイール形状など、ステアリングにはデザイン性の高さが際立ちますが、しっかりとした実用性や使いやすさも確保しています。

 

さらにシートは、乗り心地とサポート性を追求した仕上がりになっています。

ヘッドレストには、上下だけでなく角度も調整できる可倒式が採用されています。

このように、運転の疲労を軽減し、ドライバーが正確な操作をできるように配慮されています。

 

サイズや形状全てにおいて最適化を図っているので、ドライバーだけでなく乗車する人全ての高い安全性を確保しています。

クルマの室内においては快適性も重要ですが、安全であることが前提です。

事故につながる全てのリスクを想定し、各パーツの設計に落とし込むことで、安全性を高めることにつながっています。

 

スポンサーリンク

レガシィB4自動ブレーキはどう?

引用:https://www.subaru.jp/

 

続いてはレガシィB4に搭載されるアイサイトについてと自動ブレーキの性能についてご紹介します。

 

アイサイトとは

引用:https://www.subaru.jp/

 

スバル独自の運転支援システムであるアイサイトは、25年以上にわたる研究開発の歴史を持っています。

後方への衝突回避を加えたアイサイトコアテクノロジーをはじめ、安全運転の支援や視界の拡張を目指したアイサイトセイフティプラスで、運転時の安心感と楽しさをサポートします。

 

近年では、各メーカーから安全支援パッケージプランが発表されていますが、テクノロジーを駆使した運転支援システムにおいては、このアイサイトが先駆けと言って良いでしょう。

そして、さらにその機能はブラッシュアップされ、精度が上がった印象です。

 

アイサイトでは、自動ブレーキをはじめとした先進的な機能によって、あらゆるシーンで総合的にドライバーをアシストします。

危険につながる要素を想定した上で、世の中から交通事故をなくしていくという強い想いのもと、進化を続けています。

 

レガシィB4の自動ブレーキ

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4には、アイサイトによるブレーキ制御で衝突回避をサポートする機能が搭載されています。

 

走行時に衝突の危険があるとシステムが判断した場合には、ドライバーに注意を喚起します。

そして衝突を回避しようという操作が見られない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。

前方車両との速度差が約50km/h以下であれば、高い精度での衝突回避、または被害を軽減が可能です。

 

そしてアイサイトは、バックの時の衝突回避もサポートします。

車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知し、衝突の可能性がある場合は、ナビゲーション画面への警告表示と警報音で、段階的に注意を喚起します。

回避操作がない場合には、自動的にブレーキをかけることで衝突回避または被害を軽減します。

 

さらに、発進時後退時の誤操作による、急な飛び出しも防ぎます。

近年誤操作による事故が多く見られますが、アイサイトによって誤操作による衝突のリスクも軽減します。

 

レガシィB4は、このように安全性能が充実していますが、システムを過信することは危険です。
あくまで補助的な機能であることを認識しておかなければいけません。

ただ、こうした安全装備が備わっていることで、スバル・レガシィの安全性は非常に高いと言えるでしょう。

 

レガシィB4横滑り防止機能が付いているから安全

引用:https://www.subaru.jp/

 

最後にスバル・レガシィの横滑り防止機能についてご紹介します。

 

独自のAWDシステムで横滑りを防止

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィB4には、水平対向エンジンと左右対称のパワートレーンで構成された、独自のAWDシステムが搭載されています。

AWDシステムには、路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分するアクティブトルクスプリットAWDが採用されています。

 

コーナー進入時の安定性と、滑りやすい路面での発進性を高めたシステムで、横滑りが起きやすい状況での安定性に優れたシステムだと言えます。

重心位置が低く、前後左右の重量バランスも優れていることが特徴です。

 

雪道や凸凹な路面でも深い安心感を得ることができ、高速道路では疲労の少ないより安定した走りで、コーナーではふらつきを軽減します。

 

レガシィB4の横滑り防止機能

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィでは、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるVDCが全グレードに標準装備されています。

コントロールの限界を感じると、自動的な4輪個別のブレーキ制御とエンジン出力制御、そしてAWDトルク配分制御によってドライバーをサポートします。

横滑りしやすいカーブやや急なハンドル操作の時の安定性を高めます。

 

そして危険回避性能をさらに高める、アクティブ・トルク・ベクタリングという先進機能も搭載されています。

旋回時に、VDCによってフロント内輪側にブレーキをかけることで、相対的に外輪側の駆動力を大きくし、クルマが外へ膨らむのを抑制します。

 

横滑りしやすいシーンにおいても、ドライバーのハンドリングに忠実な動きができるよう、スムーズかつ安定した姿勢で旋回できるようにサポートします。

 

レガシィB4の安全性についてまとめ

引用:https://www.subaru.jp/

 

今回は、レガシィB4の運転のしやすさや安全性、自動ブレーキや横滑り防止機能といった安全装備についてご紹介しました。

 

レガシィB4は大きいサイズを持ちながらも、視認性の高さや充実した安全性能によって、運転が苦手な方でも安心な運転のしやすさがあります。
さらにアイサイトを始めとする、先進性の高い運転支援システムで様々なシーンの危険を回避します。

 

クルマは万が一のことが起きると命につながります。
そうしたリスクを軽減できる要素が、レガシィB4には満載です。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク