下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルレガシィB4を購入するうえで気になるのが税金関係ですね。

新車を購入する際は自動車税や重量税を払わないといけません。

税額はいくらなのか解説していきたいと思います。

また、税金を支払う上で気になるのがエコカー減税ですね。今回はエコカー減税についてもあわせて解説します。

スポンサーリンク

レガシィのエコカー減税はどう?

スバルレガシィB4はエコカー減税対象なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

エコカー減税とは

そもそもエコカー減税とは何なのでしょうか?

新車購入するうえで無視できない「エコカー減税」ですが、名前だけは知っているけど中身について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

対象車種や条件、減税幅は改正されているので、現在の制度について改めて理解しておくことが必要です。

エコカー減税について解説するために、減税対象となる自動車の税金に抑えましょう。

その上でエコカー減税とグリーン化特例について見ていきます。

 

自動車の税金には

「自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」

の3つの税金があります。

自動車税とは、毎年4月1日時点でその自動車の車検証に登録されている所有者に対して課税される税金のこと。

実際に所有している人ではなく、車検証上の所有者なので、車を売る場合や廃車にする場合は早めに手続きする必要があります。

自動車税の税額は主に排気量によって決まっています。

例えば自家用乗用車で排気量1L以下なら年額29,500円の自動車税がかかります。

排気量1Lを超えて1.5L以下なら34,500円、と言った具合に、0.5L単位で税額が増えていく仕組みとなっています。

自動車重量税とは、その名の通り購入する自動車の重さによって税額が決まる税金です。

自動車購入時と、車検を受けるときに車検証の有効期限分をまとめて支払います。

ただし新車購入の場合は登録時に3年分を払い、それ以降は車検ごとに2年分を払っていきます。

 

税額は、車両重量0.5トン刻みで4,100円/年です。

例えば車両重量が1.3トンの自動車を購入する場合は1.5トンまでに該当するので重量税は12,300円/年です。

ただし、新規登録時は3年分支払わないといけないので36,900円を払うことになります。

自動車取得税とは、自動車を購入する時に課税される税金です。

基本的に購入する車の値段に対して課税される税金でなので、高い車ほど自動車取得税は高くなっていきます。

新車購入の場合、自動車取得税は取得価格の3%で計算されます。

ただし、取得価格=実際に支払う代金ではありませんので注意してください。

取得価格には課税標準基準額というものが利用され、車の価格の約90%にとされています。

ここにカーナビなどのオプション(付加物という)を加算した金額が、自動車取得税の課税対象となります。

エコカー減税とは、環境性能に優れた車を購入するときに適用される税金の優遇制度のことです。

エコカー減税の対象は自動車重量税自動車取得税となっており、自動車税はこの制度の対象外となります。

ただし、対象車種でも同水準の減税措置となっているわけではありません。

2020年度基準という基準があり、それに対してどれぐらい達成しているかで、税金の減税率が変わります。

基準を大きく超えていると免税(100%減税)となます。

以前は2015年度基準が関係していましたが、現在は2015年度基準だけをクリアしているだけではエコカー減税の恩恵はうけられません。

グリーン化特例とは、排出ガス性能と燃費性能に優れた自動車に対して、自動車税を軽減する制度です。

グリーン化特例の条件をクリアしている場合、翌年分の自動車税に減税が適用されます。購入時の自動車税ではないので注意してください。

レガシィはエコカー減税対象外

さて、以上を踏まえた上でスバルレガシィB4がエコカー減税対象なのかどうか見ていきたいと思います。

残念ですが、スバルレガシィB4はエコカー減税対象外となります。

エコカー減税の恩恵を受けることはできません。

スポンサーリンク

レガシィの自動車税はどれ位かかる?

では、スバルレガシィB4にはどれぐらいの税金がかかるのか見ていきましょう。

ここでは、自動車税、自動車重量税、自動車取得税の3つに分けてご紹介します。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

まずは自動車税です。

自動車税は、排気量によって税額が決まります。

スバルレガシィB4の排気量は2498ccなので、その場合の自動車税は45,000円になります。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

つづいて自動車重量税です。

自動車重量税は車両重量0.5トンごとに4,100円ずつ加算されますが、エコカーの場合は0.5トンごとの税額が2,500円となります。

スバルレガシィB4の車両重量は1540kgなので、自動車重量税は16,400円/年となります。

新車購入時は3年分をまとめて払うので、その場合は49,200円を払います。

自動車取得税は車を購入するときのみ収める税金です。

取得価格の3%となりますので、たとえばスバルレガシィB4の取得価格が350万円なら自動車取得税は105,000円となります。

スポンサーリンク

レガシィの費用は全部でこれだけかかる

車両本体価格は300万円だったのに、結局350万円以上かかった・・・なんてよく聞く話です。

車以外にかかる費用を理解しておかないと、予算オーバーになってしまうこともあるので注意してください。

たとえば、スバルレガシィB4 Limitedを購入する場合の費用を見てみましょう。なお、ここではオプションは選択していません。

車種:レガシィB4 Limited
車両本体価格:3,240,000円
別途支払い諸費用:217,510円

別途支払い諸費用の内訳は以下のとおりです。

・税金保険料
自賠責保険 37ヶ月:36,780 円
自動車重量税:30,000 円
自動車取得税:81,000 円
自動車税:11,200 円
合計:158,980 円

・登録諸費用内訳
登録諸費用:45,740円

・リサイクル費用内訳
自賠責保険 37ヶ月:36,780 円
自動車重量税:30,000 円
自動車取得税:81,000 円
自動車税:11,200 円
合計:158,980 円

このように、新車を購入する際は車両本体価格以外の費用もかかるので覚えておきましょう。

レガシィを少しでも安く買うには

 

スバルレガシィB4を少しでも安く買うにはどうすればよいのでしょうか?

ポイントは2つです。

  • 決算期に購入する
  • 下取り車を買取査定に出す

まず、定番となっていますがディーラーの決算期である3月に購入すると安くなる可能性があります。

決算期はそのディーラーにとって最後の追い込み期間であり、非常に力を入れてきます。

事実、1年間でもっとも多く新車が登録されるのが3月で、どの自動車ディーラーも3月に力を入れていることがわかります。

下取り車があるなら、まずは買取査定されることをおすすめします。

ディーラーに下取りに出してしまう方が多いですが、基本的に中古車買取業者のほうが査定額は高く付きます

ディーラーの場合、下取り車を安く買い取って中古車販売店などに高く売って利益を得て、その分を新車値引き分に割り当てています。

なので、相場よりも安く下取りされて大損してしまう可能性が高いのです。

査定すると言っても、すぐに売るわけではありません。今の愛車の価値を知っておけば、ディーラーとの交渉を有利に進められます。

一括査定サービスを利用すれば、一度に複数の業者に大まかな金額を査定してもらい手間がかかりません。

複数の業者の査定を比較すれば、おおよその買取相場を知れます。

そしてディーラーで見積もりしてもらうときに、中古車買取相場と下取り価格を比較しましょう。

こうすることで、スバルレガシィB4を安く購入できることになりますね。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク