下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルレガシィB4は試乗された方たちからの評価は良いのでしょうか?

カタログだけの情報ではわからないことも多いですから、やはり実際にレガシィB4を運転された方の意見は参考になりますよね。

どこが良くて、逆にどこが悪いのか?

今回は、スバルレガシィB4の試乗評価や感想についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【スバル・レガシィ】試乗レポートはどう?

では、スバルレガシィB4の試乗レポートを見ていきましょう。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/design/exterior.html

エクステリアデザインはフロントグリルが変わったね。飛行機の主翼を思わせるバーが前よりも力強くなっているし、フロントフェイスが引き締まっている。

水平対向4気筒の2.5Lエンジンは、新世代のものに変わり、CVTのリニアトロニックも改良されたみたいだ。

中低速域のトルクが向上しているし、アクセルを軽く踏んだときの反応も良い。リニアトロニックの変速が前のは気になったけど、新型はより自然な感覚でスムーズだ。

加速も穏やかでスムーズ、これはこれで新しいレガシィB4という感じで悪くない。

全体的に走りの質感が向上した印象を受ける。それにCVT特有の騒音も気にならなくなったのもポイント高い。

新型ではアイドリングストップ機構が採用されたようで、燃費向上に一役買っている点も見逃せない。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

レガシィB4はAWDだから燃費性能はあまり期待できない部分だったけど、試乗したグレードは12.4km/Lの燃費を達成してこのクラスでは良いほうだと思う

従来モデルと比較して改良されたなと感じるのが足回りだ。ハンドリングと乗り心地が向上している。

スバルはマイナーチェンジでもしっかりと意味のある改良をしているから評価が高いのも頷ける。

居住性と荷室ク容量は基本的に従来モデルから変わっていないが、装備面ではやはりアイサイトの進化が大きい。より安全性が高まっているからドライバーは安心して運転できる。

車両価格は300万円を超えだから、決して安い買い物ではないけど、総合的に考えれば十分値打ちのあるクルマだと言えるだろう。

スポンサーリンク

【スバル・レガシィ】試乗評価は良いか悪いか

スバルレガシィの試乗評価は良いのかそれとも悪いのか?

ここでは試乗された方の口コミをいくつかご紹介したいと思います。

良いと評価した方の口コミ

エクステリアが一番気に入っています。

特にフロント周りの変更は効果的だと思いますね。以前のB4は正直ダサかった(笑)

アイラインが濃くなって彫り深い印象です。フロントフェイスの迫力はかなり増したかな。

カタログで何回も見たけど、実車はそれ以上にクール!

キリッとしたヘッドライトデイライトの感じ気に入ってます。

欲を言えばリアライト トランク側も光ってほしいですけどね。

ヴェルファイアからの乗り換えだけどセダンルックは久々で満足。

満点ではないけど、及第点でしょう。

なにげに便利というかありがたいのがハンドルヒーター。

使う前は必要ないだろうと思っていた装備だけど、いざ冬に乗ってみてそのありがたさが身にしみます。

その効果は絶大で、格段に早く体が温まりますね。

最近、ハンドルヒーターが増えているけど、確かにこれはあったほうが良い。

それにシートヒーターが4席あるのも凄いですね。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

今までの車が本木目のインテリアだったのでそれに比べるとシンプル。

でも赤いスイッチサインで新鮮味があっていいですね。

モニターは8インチで見やすいし、フロントサイドのカメラ画質は少し荒いけど文句無し。

バックカメラは綺麗なので駐車する時助かってます。

ステアリング連動は正直トヨタのほうが良かったけどホンダよりマシかな(笑)

ホンダとトヨタのv6エンジンを乗り続けてきたせいか、発進時のもたつき感はちょっと不満。

でもスピードが乗ってくればレスポンスもよく快適。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

軽やかで滑らかな走りが気に入ってます。

以前父が乗っていたBMW530に似てるけどそれ以上の質感だなと思います。

シフトのつながりがすごくスムース。

加速域にもよるけど実用域の加速感は文句無し。

むしろ必要以上で自分的には100点中120点ですね。

悪いと評価した方の口コミ

悪いと評価した方の口コミも参考にしましょう。

正直、先代モデルのほうがマシだと思う。

足回りがとにかく固すぎるし、ストローク感もなく神経質な足だと感じたね。

乗り心地はこのクラスでは悪いほうじゃないかな。

とにかく路面の凹凸をそのまま拾っている感じだし、とにかくゆすられる。

特に、後部席は固いから家族を乗せるには無理がある乗り心地かな。

価格に見合った満足感は得られないかなと思う。

特にインテリアの質感はヒドイと思う。この価格でよくこの質感で仕上げたな・・・。

特に目につく場所の質感は低い。

アウトバックなら汚れにくいという良さがあるけど、B4はそうじゃないでしょ?

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

ステアリングが不自然ですね。

しかも高速になるに連れて、ゆるくなっていく感じで、荷重移動とロールに頼っている感じで、反応が鈍いコーナリングに不満があります。

乗り心地は好みの問題だろうけど、標準装備のタイヤでは凄い不満が残る。スポーツタイヤなのか、スタッドレスにしてようやく乗れるレベルですよ。

はじめから、そうしてほしいんだけど。

車体サイズの割に見切りが良く、最小回転半径も思ったよりも小さい点は評価できる。

でも、加速性能と乗り心地がなあ・・・。

スポンサーリンク

【スバル・レガシィ】試乗のポイント

スバルレガシィB4に試乗する際に体験して欲しいと思うポイントをご紹介します。

1.拡大されたボディサイズ

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

やはり、拡大されたボディサイズを体感してほしいですね。

先代レガシィB4に比べて、全長は50mm、全幅は60mmもサイズアップしています

一回り大きくなったわけですが、ホイールベースはそのままの長さとなっています。

外車並みに大きいですが、BMW3シリーズやベンツCクラスと比較してもレガシィB4のほうが大きいのがわかります。

ゆったりとしたボディサイズを、外観からだけでなく運転席でも体感してみてください。

2.水平対向4気筒エンジン

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

スバルレガシィB4に搭載されるエンジンは水平対向4気筒エンジン。

シリンダーを水平に設置し、左右一対で向かい合った方式で、世界的に見てもスバルとポルシェしか作っていないエンジンです。

他の方式よりも上下に低いため、低重心となりガソリンが燃焼する際に生まれる振動を左右で打ち消してくれるので、振動が少ないというメリットがあります

3.EyeSightバージョン3

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

スバルの代名詞と言っても過言ではない存在となった先進安全装備の「EyeSight」

スバルレガシィB4に搭載されるEyeSightはバージョン3モデル。

アクティブレーンキープ、追従機能、全車速追従機能付きクルーズコントロール、ステアリング操作のアシストによる車線逸脱制御機能などなど、最新の安全システムをぜひ体感してください。

【スバル・レガシィ】試乗しての感想

以上、スバルレガシィB4に試乗された方たちの口コミ・感想でした。

全体的に、レガシィB4への評価は高く、車としての完成度が高いという印象を受けました。

安心と安全性能は他のスバル車にも同様のことが言えますが、先代モデルよりもはるかに上質な車になったことに驚きを隠せない方も多かったようです。

一方で、ツーリングワゴンがなくなったこと、ボディサイズが大きくなりすぎたなど残念な感想もしばしば見られました。

引用:https://www.subaru.jp/legacy/b4/driving/powerunit.html

筆者としても、高級感のあるセダンとスポーティーなセダンどっちを目指しているのかわからない、というのが正直な感想であり、同様の感想をもたれているかたが多かったのも事実。

スバルレガシィB4は、スポーティーさは捨てる方向なのでしょうか。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク