下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルのレガシィは、多くの人から愛される人気の車ですが、お値段がちょっと高いのが難点です。

しかし、小見線の人やディーラーから言われた値段そのままで購入する必要は必ずしもありません。

値引くことが出来ます。

今回は、レガシィの値引きの相場や限度額について詳しく紹介します!購入時の参考にして下さい。

レガシィの値引き相場と値引き目標

引用:https://www.subaru.jp/

新車購入となったらワクワクしますね!

だけど新車は高いので、出来るだけ安く買いたいです。

特にレガシィの新型は300万を超えるグレードす。

ここではレガシィの値引き相場と値引き目標についてお伝えします。

 

新型レガシィはB4とアウトバックの2種類の車種があり、それぞれグレードが何種類か分かれています。

値引きという観点からは相場は同じくらいです。

]

スバル新型レガシィの値引き相場は、0~35万円となっています。

オプションを含む平均値引き相場は、28万円。車両本体の値引き目標額は、20万円です。

一か月の手取り給料分程度なら値引き可能なんですね!

 

値引きなんてしたことない…という方多いでしょう。

値引くためのオーソドックスなやり方としては、ライバル車と競わせることです。

条件が似た車との購入を迷っているのだが…。

このようにディーラーさんなどと交渉しましょう。

条件が似た車とは、車種の性質、ボディサイズ、エンジンの排気量、価格などが似ている車です。

 

レガシィに似た車の具体例としては、トヨタのマークXやカムリとの比較が効果的なようです。

レガシィB4ですと、新車価格は、302~340万ほどですが、マークXは265~442万円、カムリハイブリッドは、329~434万円です。

どれもセダンタイプです。

引用:https://toyota.jp/

商談を通じて値引き額を増やしていき、ライバル車のセールスマンにも値引きの結果を伝え、値引き額を上乗せしていきます。

引用:https://toyota.jp/

レガシィを値引きする際は、隣県のスバルのディーラー店などに越境して、スバル同志の争いに持ち込むのも重要とされます。

レガシィ値引きの特徴として、本体価格の値引きよりもオプション価格の値引きのほうが割合が大きいようです。

また大都市部のほうが値引き額が大きくなるそうで、合計で30万円を超えることもあるそうです。

レガシィの値引きの限界・限度額

引用:https://www.subaru.jp/

レガシィの限界値引き額はいくらなのでしょうか。

なんと45万円までいけるそうです。

レガシィはスバルの中でも看板商品にあたるので、値引き額もトップクラスになっています。

スバルという会社自体がマツダと同じく値引きに力を入れているという事情もあるそうです。

レガシィを限界まで値引きする方法についてご紹介します。

 

まず重要なのが、買う時期に気を付けることです

言わずもがな、年末年始はセール時期にあたるので、値引きできます。

また、夏冬のボーナスが出る時期を値引きが出来ます。

あと一番値引きが期待できるのが年度末の決算時期です。

2月か3月あたりに購入するのが値引きにはベストなようです。

 

複数のディーラーで見積もりを取り、見積額を競わせることもつの手段です。

ただ今までに書いた二つの方法だけでは、45万値引きは不可能です。一番大切なのは…

引用:https://www.subaru.jp/

下取り値引きをすることです

とは言っても下取り値引きが出来るのは、現在車を持っている方だけです。

限界額ということなので、車を持っていない方はこれまで書いたオーソドックスなやり方で値引きをしてみてください。

車を持っているぞ、という方は自分の車の価値を知りましょう。

無料インターネット査定を使えば、無料ですし時間も三分程度とお手軽に査定が出来ます。

オークション形式で行われるのでかなりの値引きが期待できるのです。

色々なサイトがありますし、すぐネットで見つけることが出来ますので、ぜひお試しを!

 

さて、ディーラーに下取り車を持っていくと、下取り車の査定をしてくれますが、ここでディーラーは下取り価格を実際の価格より抑えめに伝えてきようとします。

差額で私腹をこやすためです。そのディーラーが伝えた価格が真実の価格であるか把握するために、ネットで査定を行うのです。

ネットの査定額と乖離があれば、ディーラーのほうは金額を修正せざるを得ないでしょう。

その修正分の差額が値引きに上乗せされます。

レガシィの値引きレポート・評判

レガシィの値引きを行った方が寄せたレポートの内容をいくつかまとめました。

 

〈20台前半男性〉

父のお金で家族で使う車を購入することに。

商談の交渉は息子の自分に一任されました。

(この構図がのちの商談交渉で役にたちました

「○○円負けてくれない」

と、父の決済がおりないんです…!というふうに)

フォレスターを購入するつもりで、ディーラーを訪れたが、既に生産中止とのこと。

残されたモデルも希望の色ではない。

担当さんは大幅値引きをにおわせてきたが、家族の反対で見送ることになりました。

引用:https://www.subaru.jp/

アイサイトに興味があったことやSUVに乗りたいということを理由に、アウトバックへ変更しました。

商談の対抗車種は、トヨタのハリアーにしました。

この車種がちょうど生産中止になる間際で、在庫車の値引きが大きかったので、交渉材料としては有利に働きました。

引用:https://toyota.jp/

 

下取り価格には不満がありましたが、妥協しました。

車両本体価格からの値引き額:233,005円

オプション値引き額:195,000円

値引き合計額:428,005円

車種は、レガシィアウトバック 2.5i EyeSightです。

 

〈20台前半男性〉

当初はホンダのアコードと迷っていたのですがスバルの方の対応がよかったためレガシィB4に決めました。

引用:https://www.honda.co.jp/

一回目で候補の一つだと伝え値引きなしで見積もりを出してもらい、二回目で試乗とオプションの追加をしてもらい値引き込で見積もりを出してもらいました。

三回目の交渉で、今回で決めて頂けるなら値引き頑張りますと言われました。

それに対して、そちらの都合で決めるのだからそれなりの値引きではないと応じないと答えました。

自宅に来てもらい交渉したが、予想より値引き額が小さく、再度交渉で諸経費の値引きへ。

 

車庫証明は自分で取る予定だったのだが、結局サービスでとってもらうことになりなした(印紙代は払いますが)。

廃車費用もサービスしてもらうことになりこれから長くお付き合いするということでこの値段で交渉成立しました。

担当者の対応が良かったので約30万円の値引きでも満足です。

 

車両本体価格からの値引き額:150,000円

オプション値引き額:130,000円

値引き合計額:280,000円

車種は、レガシーB4 2.5i S Package 4WDです。

レガシィの値引きまとめ

引用:https://www.subaru.jp/

レガシィは走行性能が高く乗り心地も良いので、新車の値段としては結構値が張ります

ですが、その分値引き額は大きいんじゃないかと感じました。

オプションの値引き額でどれだけまけるか、下取り価格をどれだけ釣り上げられるかがカギとなりそうですね。

 

値引きレポートも見ますと、ディーラーの方の対応もよさそうですし、真摯に対応してくれるのでしょう。

値引き交渉というのは、やったことがない人は怖いかもしれませんし、クレーマーだと思われたらその後のこととか結構面倒ですよね。

個人的にはそこまで無理に値引く必要はないかと思います。

レガシィの良さは買ってみてはじめて気づくとこもあるでしょう。

ですが、予算の都合上、致し方無い面もあるかと思います。

ここで紹介した値引き方法を使って、できるだけ理想の価格に近付けるよう努力してください。

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク