下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

新型レガシィの購入を決めました!後は、納車される日を、今か今かと首を長くして待つだけになりました。
でも、果たして何時になったら納車されるのか、あらかじめ知りたいのが人情ですよね。
そこで、ここでは新型レガシィの納車状況はどうなっているのか、ご紹介します。

引用:www.autoc-one.jp

【スバル・レガシィ】納車はいつ?納車情報

レガシィB4については、マイナーチェンジの直後は納車まで3ヶ月ほど納期がかかっていたそうですが、現在は2ヶ月程度の納期に落ち着いてきているようです。

一方、レガシィアウトバッグについては、B4よりも納車に時間がかかり、平均しておよそ3ヶ月という状況が続いているようです。

引用:www.subaru.jp/

ですが、B4もアウトバックも、2019年にはフルモデルチェンジが噂されてきております。

フルモデルチェンジによっては当然、需給状況が変動してしまい、生産状況も大きく変わってきるため、納期にも大きな影響が出ることが予想されます。

引用:www.subaru.jp/

今年2019年におけるレガシィB4、レガシィアウトバックの納車については、次のフルモデルチェンジの正式な公表時期と販売開始時期によって左右されそうです。

ですから、フルモデルチェンジの情報にも常にアンテナを張っておく必要がありそうです。

 

【スバル・レガシィ】購入から納車までの流れ

納車のための参考情報として、新車の購入を決定してから、実際に納車されるまでの流れについてご紹介いたします。

まず、ディーラー(販売店)では、商談がまとまってお客様から注文書にサイン・押印してもらえると正式な注文(受注)となります。そしてディーラーは、メーカーに対して注文を出します。

メーカーは、ディーラーからの注文を受けると工場に生産指示を出して、車の製造が開始されます。

レガシィの国内生産は、群馬県太田市を中心に広がる群馬製作所で行われています。レガシィをはじめとしたスバル車については、生産が完成するまでに、大きく三つの生産工程を経ているそうです。

 

プレス工程

まず、第一の生産工程がプレス工程となります。プレス工程とは、車の素材である鋼板をさまざまな機械で車のボディに成形していく工程になります。この工程では、三つのプレス工程を経て生産が勧められます。

①ブランキングライン:

ブランキングラインでは、巻き取られた鋼板ロールの巻き癖をローラーにかけて延ばし、ボディに成形するのに必要なサイズに切断していく生産工程です。

②タンデムプレス:

タンデムプレスとは、主に、少量品や大型品に対して行われるプレス加工であり、型や配置を変えるといった臨機応変な加工ができるプレス工程です。

③トランスファープレス:

トランスファープレスとは、異なる工程を受け持つ別の工程を行う型が順番に並んでおり、プレスの一つの工程が終わると、次の工程へと自動で移動させていくというもので、複数のプレス加工を自動搬送しながら行う工程です。

 

トリム工程

トリム工程とは、車の生産における車体の組み立て工程となります。

群馬製作所では、レガシィをはじめとしたスバルの様々な車種の生産を担っており、全部で1,800種類にもなる車を一つのラインで製造しています。

引用:www.response.jp

そして、この群馬製作所では、作業の組み合わせを工夫することで、どんな車種が流れてきても作業者は同じ動きが出来るように、作業の平準化が図られているそうです。

①オーバーヘッドライン:

オーバーヘッドラインとは、生産ラインのオーバーヘッド化(人が車体の下方で作業ができる仕組み)によって行う部品の取り付け工程です。

この工程で、車体の床下への部品の取り付け作業がしやすく、マフラー関係、エンジン関係、リアサスペンション関係の部品等を取り付けていきます。

②エンジン搭載工程:

エンジン搭載工程とは、その名のとおり、クルマの心臓部といわれるエンジンを搭載するための自動化された工程となります。

③タイヤの取り付け:

タイヤの取り付けにおいては、まず補助装置でタイヤをボディに合わせて定位置を確認し、問題がないことを確認して、5本のナットをナットランナーという機械を使って自動で締め付けをしていく工程となります。

④ドアライン:

ドアラインとは、塗装が終わったボディから作業性向上のために一旦ドアが外され、個別に作業が進められていく工程です。

ドアとボディにそれぞれパーツを取り付けたら、再びドアをボディに戻します。

引用:www.response.jp

検査工程

プレス工程、トリム工程を経て完成した車は、検査工程に入ります。検査工程では、回転するローラーの上で走行試験を行い、あらゆる機能が問題なく動作するかをチェックしていきます。

最後は、様々な角度から照明を浴びせることにより、最終チェックを行って外観の品質保証をしていきます。

引用:www.response.jp

一般的に、車の製造自体は2日〜3日程度と言われています。

完成した車は完成車ヤードに運ばれ、その日のうちにカーキャリアで工場から出荷されます。

そして、全国のディーラーや納車整備センター(新車の点検整備や、オプション部品等の取り付け、納車整備を実施)に送られて、お客様に引き渡されていくのです。

引用:www.shaken110.com

【スバル・レガシィ】納期遅れになった人の口コミ

新型レガシィの納期遅れに関する口コミを見てみましょう。

レガシィB4については、最近は納期が2ヶ月程度と安定してきたこともあり、納期遅れについての口コミは見当たりませんでした。

一方、レガシィアウトバックについては、B4よりも長い3ヶ月程度という納期からでしょうか、納期に関する口コミがありました。

引用:www.subaru.jp/

納期遅れを体験された方々のお気持ちがわかりますので、ご紹介しましょう。

私の白リミアウトバックは、5/22契約で、いよいよ明後日8/6納車です。元々8月下旬予定でしたが、少し前倒しになりました。特に催促した訳ではありませんが、キャンセル分が引き当てられるとの事でお願いしました。それでも長かったぁ。

初めのひと月は出来るだけ忘れるようにして暮らしてました。しかし、その後は、社外品パーツなどネットで探しまわって納車後のカスタムに備え、脳内シミュレーションの日々・・・。納車待ちの皆さんも、つらい修行の日々を過ごされてると思いますが、頑張って下さい。”

引用:www.bbs.kakaku.com

5/2契約  7/30納車
初めは7中と言われてましたけど、結局上記納車日でした。

メーカー側の製造管理・対応が根本原因だと感じます。
ディーラー側も売るために多少あいまいな表現はするでしょうけど、一般論から離れすぎた納車日遅延はさすがに原因が別。
なまじ製造ラインが貧弱な管理方法だと、需要過多になった際に情報整理が上手く行かない。なんてケースは良くある話。

車も悪くない。ディーラーも悪くない。メーカーが丁寧に作ってるから長くなってしまう。

私はそう思ってのんびり待ちました(=゚ω゚)ノ
納車したてですが、本当に良い車です。”

引用:www.bbs.kakaku.com

ご紹介した口コミは、いずれも二年ほど前のものになります。

でも、現在も概ね3ヶ月程度の納期と言われていますので、状況としてはあまり変わっていないようですね。

ですが、口コミにもあるとおり、「メーカーが丁寧に作っている」ことを信じて、納車の日を楽しみにしてお待ちくださいね!

 

【スバル・レガシィ】なぜ納期は遅くなる

スバルの車の生産工程は上述の通りで、製造そのものは自動化・平準化によって、一台当たり2日〜3日程度と言われています。

ですが、製造する車種が人気車であるか、不人気車であるのかも生産日数に大きな影響を与えることになるそうです。

引用:www.subaru.jp/

人気車の場合、工場の生産ラインがフル稼働しますが、生産ラインのキャパシティを超えた注文数であれば、当然ながら、自分の車の生産までしばらく待たされることになります。

逆に人気のない車の場合、生産コスト割れを回避するためにも、生産ロットに達するように注文をまとめたうえで工場の生産ラインを動かすので、この場合も、自分が注文した車が生産されるまで時間がかかるそうです。

レガシィの場合、特にアウトバックについて、海外での人気が高く、世界的な販売台数が生産のキャパシティを超える台数となっているそうです。

このため、他のメーカーよりも納期が少し長めになる傾向が常態化しているようです。

引用:www.subaru.jp/

また、もう一つ重要な要因もありそうです。

スバルでは、完成検査の不祥事によってスバル車の安全性に対する不信感を高めてしまいました。

不祥事発生を受けて、スバルでは、お客様からの信頼を取り戻すことを最重点テーマに、「お客様に『安心と愉しさ』を提供する」という方向軸は動かさず、ブランドをさらに磨きをかけるとしています。

こうした状況を受けて、検査工程では今まで以上に入念な検査を続けていることでしょう。これもまた、納車に時間がかかる一つの要因となっているのかも知れません。

 

注文から納車までにかかる時間は、私たちが「安心と愉しさ」を得られるための時間と考えて、楽しみに納車の日を待つことにしてはどうでしょうか。

引用:www.subaru.jp/ 

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク