下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スバルのレガシィといえば今も昔も人気がある正統派の1台といえるでしょう。

今回はそんなレガシィの良い口コミ、悪い口コミを紹介し、レガシィのポイントについてもお教えします。

レガシィ購入を検討されている方、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

レガシィの良い口こみ

引用:https://www.subaru.jp/

項目ごとに分けて紹介します。

色んな方の口コミをまとめました。

・レガシィの外装、スタイル

正面からの見た目はなかなか大人っぽくてイカしています。ブラックベゼルのヘッドライトはキリッとしていて良いです。

フロントグリルも精悍で重厚感もあり、気にいっています。

アウトバック後期型からのごつい顔つきが気に入ってます。

・レガシィの走行性能

エンジンは2.5リッターなので走る分にはかなり余力があります。

出だしの加速も非常にスムーズです。2012年以前と以後でエンジンに大きく変更があったそうです)高速での追い越し等も非常に楽です。

ハンドリングはとても素直で切った分だけこたえてくれます。

コーナーも4輪すべてが地面に設置し、思い描いたイメージのままカーブできます。

シルキーでパワフルです。どんな天候でも全く不安を感じさせません。

引用:https://www.subaru.jp/

2.5Lという大排気量エンジンだけあって低回転からトルクフルで、吹き上がりも良好でした。

高回転域までそんなに回せなかったですが、(回さなくてもスピードが出てしまう)静粛性も高かったです。

Iモード(燃費重視)は車の出だしが若干重く感じますが、それが嫌ならSモードやS#モードを使えば十分スムーズな走り出しが可能です。

もちろんIモードでも少しアクセルを踏み込めば簡単に加速はします。

・レガシィの乗り心地について

全体的に地面の衝撃をよく吸収し、フラットでしなやかな印象です。

段差のショックも吸収してくれます。

室内も静かです。シートも包み込むような感じで腰や背中への負担も軽減し、長時間の運転でも疲れません。

座り心地と電動シートは抜群です。リアの乗り心地も評判良く、家族旅行にも適してます。

・レガシィの装備について

引用:https://www.subaru.jp/

アイサイトがとても便利です。高速でも渋滞でも指先1つで運転できます。

車線はみ出し警告、ふらつき警告、プリクラッシュブレーキ、クルーズコントロールです。

これで10万くらいです。

 

・レガシィの室内・収納について

引用:https://www.subaru.jp/

大満足です。

ブラウンレザーシートが非常に車にマッチしています。

夏はレガシィのスーパーエアコン、冬はシートヒーターが重宝します。

カーゴルームはコンパクトカーとは比較にならないほど広いです。

スポーティ感を全面に出したインテリアです。

引用:https://www.subaru.jp/

スポンサーリンク

レガシィの悪い口こみ

・レガシィの外装、スタイル

横からの眺めがヨーロッパの同じセグメント車と比べてさっぱりしていて特徴が薄いです。

前から見てもずんぐりむっくりしています。

タイヤハウスの大きさが17インチのタイヤでは余り過ぎてバランスがちぐはぐです。

 

・レガシィの走行性能

パワーがあって申し分ないですが、ターボが効きだしてから急にパワーが出るので少し扱いにくいかもしれないです。

怖くてアクセルをべた踏みできないユーザーもいるかもしれません。

 

・レガシィの燃費について

フルタイム四駆ということで燃費が悪いです。

街乗りで8km~10km程度、高速では、平均12km~13km程度ですかね。

 

・レガシィの価格について

価格は決して安くはありません。

性能等を考慮にいれれば妥当かもしれないです。

 

・レガシィの室内・収納等について

安っぽい要素はあります。

軽く300万オーバーという高い車のわりには内装に高い質感はありません。

見た目の重厚感はあるのに、軽量化を図ったため、ドアがやすっぽいです。

ドアを強めに閉めないとしばしば半ドアになります。

収納部分(ポケット)が少なく感じました。

ダッシュボードが小さめなので、車検証と車の整備手帳、説明書以外はあまりはいらないです。

 

スポンサーリンク

レガシィのここがポイント

引用:https://www.subaru.jp/

レガシィの初登場は1989年までさかのぼります。

スバルのレガシィはそれまで商用車と認識されてきたステーションワゴンを個人向けの車へと変化させた立役者です。

レガシィの登場後は、国産ステーションワゴンと言えばレガシィだと認識されるほど、大ヒットします。

 

現行スバルは6代目にあたり、2014年に登場しました。

ツーリングワゴン、4ドアセダンのB4,クロスオーバーSUVのアウトバックという三種類のモデルをラインナップしていましたが、現行型はツーリングワゴンがレヴォーグへ移行となり、B4とアウトバックの二種類です。

 

ここでは現行型レガシィのポイントを紹介します。

気になるレガシィの魅力ですが、まず外観です。

写真を見ていただけるとお分かりかと思いますが、上品さとシャープさを兼ね揃えています。

質感もスバルのフラッグシップモデル(看板商品)に相応しいです。

レガシィは走行性能やアイサイト搭載による安全性能の高さなど機能面も充実しています。

引用:https://www.subaru.jp/

インテリアは

「コンフォート&スポーツ」

をデザインテーマとしています。

上質さ、快適さを向上させながら、スポーティなドライバーズエリアを提供する次世代型インテリアを実現したそうです。

 

スバルといえば、独自開発の水平対向エンジンですが、レガシィにももちろんこのエンジンは搭載されており、四輪駆動と相乗効果で高い走行性能そして優れたパッケージングをもたらしました。

B4とアウトバックでは型式こそ、これまでのレガシィと同じエンジンですが、約8割の部品を新設計し、出力や燃費性能を改善しています。

今まで以上に、ドライバーの思い通りに車がうごくようになりました。

 

安全整備ではあの

「ぶつからないクルマ」

で認知が広がったアイサイトの最新版であるバージョン3を搭載しています。

カラー認識を実現したことでブレーキランプ制御などの新機能を搭載しています。

 

現行型レガシィは2017年9月に大幅改良を行っています。

内外装のデザイン変更に加え、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良によって、フラットな乗り心地と安定感のあるハンドリングを実現しました。

レガシィの口コミ 評価 評判 まとめ

引用:https://www.subaru.jp/

 

レガシィの評判は概ね良好だと感じました。

スバル独自のエンジンなどによって走行性能の高さが目を惹きましたね。

オンロードでもオフロードでも駆け抜けるパワフルさがあります。

カーブを曲がる際などドライバーの思い描いたように動きます。

あと乗り心地の良さも魅力の一つでしょう。

長時間の運転でも疲労度が蓄積されないよう配慮された作りとなっています。

シートヒーターなど、インテリアも充実していると感じました。

安全性能においてもスバルの名物「アイサイト」を導入しているので、ぶつからないし、高速道路の運転など楽で重宝します。

引用:https://www.subaru.jp/

デメリットとしては、燃費の悪さですかね。

しかし、フルタイム4輪駆動なので、致し方無いといえるでしょう。

燃費の悪さに目をつむってもしかるべきメリットもありますしね。

性能面などの。

値段も最近の車にしては高いほうかもしれませんが、これも値段単体を見ればの話であり、総合的にみればお買い得とは言えないまでも、デメリットとまではいえないでしょう。

 

口コミをみてると、運転性能のすばらしさ、乗り心地の快適さに感嘆の声も聞かれましたので、ぜひレガシィに乗ってみたいなと思いました。購入するにはもっと貯金を貯めないと無理ですけどね…

【スバル・レガシィ】が値引き金額から更に50万円安くなる方法

頭の中では既に欲しい車が
決まっている

でもでも・・・
いざ買うとなると

「この【スバル・レガシィ】ちょっと高いな!
  もう少し安ければ買えればいいのに」
「出来るだけ安く買いたい」
「最安値で買えたらラッキー」
「ディーラ回るの面倒」
「営業マンの売り込みがウザい」

と、車を買いたいと思うけど
気が引けてしまう。

そんなことないですか?

仲間に相談しても
安く買うほうほうは教えてくれず
教えてくれるのは車の性能。

家族に相談しても
「安く買えばいい!」
と一言。

やっぱり何も変わらないのです。

少しでも安く買いたいのに・・・。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

車の査定、後回しは、損・損・損!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと。

下取りは必ず一括査定を使いましょう!

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になることもあります。

一括査定サイトを使うことで
買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を無料査定してくれます。

便利です。

買い取り業者は中古車を売るのが仕事。

10社があなたの車の査定を競ってくれるので
値段が吊り上っていくのです。

スポンサーリンク